カラフルな外観の住宅

屋根の色選びで失敗をしてしまいました


新しく屋根をリフォームしてもらうときに、屋根の色を自分で選んだんですが、失敗してしまいました。

 まず最初に失敗したと後悔したところは色合わせについてですね。
一般的に、もし家の外壁の色が白でしたら、屋根の色は、茶色、黒、緑、灰色、青、赤が、見栄えがしてきれいな取り合わせということになります。
外壁が灰色がかっていましたら、屋根の色は黒、濃い灰色、濃い青、濃い緑、白などがきれいに見えます。
外壁の色がベージュやタンのような色でしたら、屋根の色は茶色、黒、濃い緑、濃い青などが素敵です。
そして家の外壁が茶色でしたら、屋根の色は緑、黒、青、木炭色、明るい茶色や外壁より濃い色の茶色でもいいんですね。
 要するに同一色の違う濃さのものや、対照的な色ですと視覚的にすっきりとした効果を与えてくれるということのようです。実際に家の屋根の色を選ぶ時に組み合わせ表のようなものを拝見させて頂きましたが、確かに同系色にすることによって統一感が出たり、また対照的な色にすることによってコントラストが生まれたりするというのが見て取れました。しかしその組み合わせ表を見せて頂いたのは実は既に家の屋根の色を選んでしまった後だったのでした。
我々の家の外壁の色は薄い茶色なんですが、こともあろうに濃い青を選んでしまったんです。まあ、イラストとして描いてみた時はそれほどおかしな感じでもなかったんですが、自分が描いたクレヨンの色と実際に使用された色とでは全く違ったタイプの濃い青だったんですね。言葉では表現しにくいのですが、とにかくちょっと一瞬目を見張るような取り合わせになってしまっています。家の屋根の色を新しくすることによって、高級感や新鮮さを出したかったんですが、妙に家がおもちゃのような、何だか作り物っぽいような雰囲気に仕上がってしまいました。
それに色の取り合わせとしましては他にも大事なことを忘れてしまっていました。ご近所さんの家や屋根の色とうまくかみ合って見えるかということなんですが、お隣の家の屋根が赤みがかった色でしたんで、赤と青が並びました。これが今日一日一緒に行動する友人の洋服などとの色の取り合わせなどでしたらずっと一緒にいるわけではありませんから、一日くらい我慢しようということで納得できますが、家の色がバラバラで景観が乱れてしまっていて、しかも簡単に直せるものではないということとなりますと、かなり厄介です。塗った後から気づきましたからこれはお隣さんにも申し訳ありませんし、我々自身もとてもがっかりでした。

 そしてこれも後から聞いたんですが、濃い、はっきりとした色を屋根の色とした場合はちょっとでも剥がれますとかなり目立ってしまうということで、頻繁に塗り直しが必要となってくるとのことでした。この事実を聞いた時はかなりショックでした。一度塗ったらもう長い間は塗らなくて済むと思っていたにも関わらず、費用がかかりやすい配色だったということで、かなり不経済な結果となってしまいました。これには色の取り合わせ以上に本当にがっかりしましたね。

青色の屋根は鮮やかで落ち着きのある印象

 屋根は雨風や太陽光などを直接受けて、家の内部を守ってくれたりする重要な部分ですね。しかし色の加減で家屋の内部の熱量が変わってくるということまでは考えてはいませんでした。
 一般的に、明るい色の屋根は太陽からの熱線を反射しますが、暗い色の屋根はその熱の多くを吸収して家の内部にある部屋へと伝達していきます。 本当に何も考えていなかったんですが、後からこのことを言われて確かにそうだと、冬は身体を温かく保ちやすい厚手の黒や茶色の色のコートなどを着ますが、夏は太陽の光を反射して身体を涼しく保ちたいですから、白い色や明るい色の服を着ることが多いです。しかし、今回の屋根の色というのはこの洋服が反射したり受けたりする熱量の程度とは訳が違うということを学びました。
つまり、屋根の色を黒など、濃い暗い色にした場合、黄褐色のアスファルト鉄片でさえも、ダークブラウンの金属屋根よりも、我々の家の内部はより多くの熱を大量に受け入れているということを意味するということなんですね。

 今回、一番最悪な黒を屋根の色として選んでしまった自分は本当に勉強不足だったと非常に後悔しています。冬場はいいんですが、夏場はやはり以前よりも室温が高くなってしまっているように感じますし、実際去年の今頃と比べてみましても2度ほど高いように思えます。これはかなり大きな違いですので、身体への影響を考えなくてはなりません。

このように今回は
自身の家の壁との取り合わせ、
周りの家との色の取り合わせ、
塗り直しの多い色、
そして色が持っている断熱効果、
の4点もの失敗が発生し、大変残念な思いをするはめになってしまいました。
 やはり何か物事を変えようとするときなどは前もって調査や勉強をしておくことは本当に有効であると痛いほど感じさせられました。ちょっとお金はかかりますが、また早い段階で塗り直しを検討しなくてはならないでしょう。