カラフルな外観の住宅

後悔しないための色選び


屋根の策定

 屋根の状況から判断することが、屋根にペイント塗布する前の条件になります。屋根がどのように疲弊していて、塗布する塗料をどのように選定して、色を決めていくかの手順になります。色選びというものは、確かに環境美化の要因となり、近隣のカラー・雰囲気を決める要素があります。壁面の次に重要な色となるのが、屋根の色です。通常の日本の屋根は斜面屋根になっていますので、屋根がどのような角度と面積で道路面から見えているかが重要です。また、観光地など高い山から屋根を確認できるところでは、観光地の統一的な要素がありますので、多少のヴァリエーションがあったとしても、突飛なカラーを付けると、観光地美化の意にそぐわなくなります。そのため、公開しないための色選びとして近隣になじむかたちでのカラーの選定が必要です。そして、その前準備として屋根材がどこまで疲弊しているかを調べておきましょう。屋根材の疲弊度に従って、塗布剤をどのくらい塗っていくかのプランが有り、その工数に応じて施工期間が決まってきます。


屋根材の構造

屋根材の構造には、さまざまあり、瓦屋根やスレートパネルが一般的です。そして、屋根材のカラーを決める前に屋根への塗布剤の付着を良くするために、塗装準備が必要です。この塗装準備をしっかりと踏んでおくことで、せっかくの塗装色が剥がれたりしないようにすることができます。つまり、充填剤やプライマーで塗布剤が天候の刺激から守られるようにするのです。そして、下地としてのペイントを塗布することも、屋根への塗料が発色を持つことの助けになりますので、下の屋根材の色が露出しない為の重要な準備となります。下地材をしっかりと均一に塗布することで、周囲にも雰囲気のいい屋根の家という印象になりますので、好評になります。周囲の外観としても、その明るくなった雰囲気を喜ぶでしょう。そして、色選びに移ります。色選びとしては、カラーの明るいベージュ・ペール系から、瓦屋根に匹敵する塗料の濃いタイプが有り、濃いタイプでは含蓄のある屋根塗装になります。明るい色であったとしても、道路上から屋根が見えにくい場合がありますので、あまりこだわったとしても、屋根の角度によっては目視で確認できないことがあります。

屋根と外壁の色組み合わせでお洒落な外観に

屋根の色選び

屋根の色選びとして、周辺の家屋や市街地に馴染むように考えるのがまず先決です。そして、そのヴァリエーションの範囲内として、個性としての家のカラーを決めていきます。これは、入居者を募集する点でも、どのような客層を指定して集客するかの点を含みます。つまり含蓄あるカラーにすれば、しっかりとした客層の集客になり、淡いカラーで清涼感を与えれば、新鮮な客層の基準になります。ですので、外観として屋根の色がどのような雰囲気に見えるかで、集客の意と広告の意味にもなります。カラーにはそれにまつわる人の認証範囲というものがあります。これはカラーコーディネーティングの学問ですが、人がそのカラーの範囲にどのような印象を持つかという色彩心理学になります。色を決めることでの屋根材の発色の良さは、より管理が行き届いた安全上の仕組みを理解することになりますので、管理体制が安全技術をもっていると判断されます。つまり、カラーを決めすぎて、管理体制の弱さが露呈してはなりませんので、まず考えるのは、家屋の築年数の増加をねらった耐久度の管理になります。そして、屋根のカラーによって、一般家屋であっても集客を図るという図式があり、どのようなお客さんを迎えたいかの意思表示にもなります。そして、目立ちすぎて逆に集客の層が悪くなってしまうといけないので、注意して近隣に配慮します。


屋根の見え方

屋根の見え方に至っては、やはり壁面と調和するように屋根のカラーを決める手順が最適です。屋根のカラーが壁面と同一である必要はないのですが、工場地帯があるところでは、より濃いカラーにするのが常識と言えます。そして、海岸地区などでは塩気が屋根に付着しますので、より明るい色として、ライトグレー調のペール系にすればより良いでしょう。空気や気候の条件によっても近隣の屋根のカラーはだいたい決まっています。そして、瓦屋根であれば、地域伝統の統一されたカラーというものがあり、これは瓦屋根の素材産地の意味が込められています。もし、瓦屋根の大まかなカラーが決まっているところであれば、スレート屋根にするとしても、屋根の色味を周辺に併せておくことが重要になります。これらの屋根の地域に依るカラー選定は、古来よりの気候学を基にしていますので、意味のあるはなしになります。ですので、屋根材の素材がどのような耐久度を持つようにするかという点で、色味のはなしも加わってくるのです。屋根の塗装が剥がれてしまうと、見栄えと経年に差し障りがありますので、気をつけて、カラーリングの前の耐久度チェックから行います。